Q&A

レッスン規約以外のQ&Aをまとめました。レッスン規約は、各レッスンページに掲載しております。

■レッスン全般について

Q : 対面レッスンの場所はどのあたりですか?

A : 横浜市・町田市・川崎市・世田谷区近郊のスタジオや音楽練習できるスペースを利用します。その時によって利用できる場所が異なるため、あらかじめ生徒さんと相談し、場所を決めておきます。今のところ、町田のスタジオを中心にレッスンしています。

現在はコロナウイルス感染所の影響で、オンラインレッスンをしております。

 

Q : 対面レッスン場所代は、レッスン料に含まれますか?

A : はい。レッスン代に含まれています。

 

Q : クレジット払いはありませんか?

A : 現在、前払いの銀行振込のみの対応とさせていただいております。将来的に、クレジットでのお支払いもできるようにしたいと考えております。今しばらくお待ちくださいませ。

 

Q : 課題はありますか?

A : はい。次のレッスンまでの課題を提案しますので、それをしっかりと自主練習していただきます。もちろん強制ではありませんが、その努力ができる方でないとレッスンを続けていてもお金と時間の無駄です。あまりにやる気のない方はこちらから受講をお断りすることもございます。楽しい中にも真剣に、高い目標を持っている自立したシンガーを、全力でお手伝いしたいと思っています。


■ベルティングレッスンについて

Q : プロシンガーだけのレッスンですか?

A : プロの方も、趣味で歌を楽しむ方も、どなたでも受講していだけます。

 

Q : 何か月通えばベルトできるようになりますか?

A : 習得にかかる時間は人それぞれですが、ベルティング自体はそれほど難関ではありません。リベルティング発声法では、早い人なら初回や2回目で発声のコツをつかむことができます。そして、その喉のポジションを安定させ、歌唱に使えるレベルにしていくには、継続練習して3か月はかかると考え、当スクールでは3か月と6か月のコースをご用意しています。もちろん、両コースともに更新できますし、一旦修了した後は単発レッスンに切り替えて不定期にメンテナンスレッスンを組んでもいいと思います。

 

Q : 音痴でもできますか?

A : もちろんです。正しい音程で歌えない原因が発声にある場合は、ベルティングの練習が役に立つことも考えられます。

 

Q : ベルティングとリベルティングって違うんですか?

A : このサイトでは、「ベルティング」と「リベルティング」を区別して使うことがあります。

「ベルティング」は音楽用語として、そして様々な声の出し方の1つとして、ボイストレーナーやシンガーが使っている言葉です。ベルティングの定義や習得法自体、まだまだ曖昧な部分があります。

LA在住ボイストレーナーChico氏は、自らの開発したベルティング発声のメソッドを当初「ハリウッド式ベルティング発声法」と名付け、教えていましたが、2019年11月にこれを改名。「リベルティング発声法 / REBELTING Method」としました。

インターネットでベルティングと検索すると「●●式ベルティング」が色々と出てきますが、Chiikoが教えるのは【リベルティング発声法】(元・ハリウッド式ベルティング発声法)です。この発声法は、Chico氏から認定を受けたトレーナーしか教えることができません。

当サイトで「リベルティング」と言うときは、一般的なベルティングとは区別した、「リベルティング発声法」のメソッドを指すと思ってください。

>>ベルティングについてもう少し詳しく

 


■洋楽発音レッスンについて

Q : 英語力はどのくらい必要ですか?

A : 英会話レッスンではないので特に高い英語力は必要としません。ただし、ある程度単語が読めるほうが(カタカナ発音であっても)、レッスンを進めやすいです。例えば、"black"を見て「ブラック」と読めるぐらいの単語力があると良いと思います。


■オンラインレッスンやカウンセリングについて

Q : オンラインレッスンに必要なものは何ですか

A : パソコンやスマホやタブレットからインターネットに接続してビデオ通話ができる環境を整えてください。Wi-Fiが整っていないと、レッスン中に通信が途切れたり、通信料がとても高くなったりする恐れがあります。

オンライン受講について詳細をまとめてありますので、ぜひご覧ください。>>コチラ

 


その他、何かご不明な点がありましたら何でもお問合せください。

>>お問合せのページ